スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.04.30 Monday | - | - | -
ネイルの新技術。
かなり前ににネイルについての記事を書いた気がするのですが、
ネイルが好きです。それも、カラーを塗るのではなくてスカルプの装着をこよなく愛しています。



大抵のデスクワークの方がそうであるように、私も毎日がキーボードと格闘する日々。
そして家で水仕事をしていると、カラーなどは一瞬にしてはげ散らかしてしまうのです。
(トップコートをまじめに塗らないからとの噂もあります)

なので、やはりスカルプ。当たり前ですが、人間の爪は根元から伸びてくるので、
少なくとも3週間に1回は修復が必要になってきます。
修復や付け直しを繰り返して、つけ続けるわけですね。

そしてつけ始めてから1年少したったある日、どこかのドアにひっかけてスカルプが「バキャッ」と外れたときに見た自分の爪が恐ろしいほど薄くなっていた
表面もガサガサで見るからに不健康そう。
やはり人口爪をつけ続けることは無理があるのだと感じました。
プラスチックを接着剤でくっつけているのですから空気も通らないし傷むのは当然かも。
そう思ってガッカリしていた矢先に最近ネイルの新技術に出会いました。

カルジェルとバイオスカルプです。

でも、ネットで調べていてもその違いがよくわからなかった。
そこで、先日ネイリストさんに根掘り葉掘りたずねてきました。

[回答]--------------------

■両者の特徴■
どちらもこれまでのスカルプのプラスチック素材ではなく、ジェル状のもので、専用のUV光をあてて固めます。輝きは従来のスカルプより格段上。爪が伸びてきたときの浮きも、従来のスカルプや、ジェルネイルより軽減されているようです。

そして、スカルプの施術のときの、あの独特の異臭もありません

また、もっともプラス面なのは、空気を通す素材であること。
これは、爪にはかなりやさしい素材だといえると思います。

オフする時の違い。
従来のスカルプは強いアセトンという液につけながら少しずつはがしますし、
ジェルネイルにいたっては、自爪の層まで削らないといけないのですが、
カルジェルもバイオも専用の液で落とすことができます。
アセトン無配合ではないかもしれませんが、爪へのダメージが格段に軽減されています。

しかし、ひとつマイナス面は、従来のスカルプより強度がかなり下がる
やわらかいのです。なので、長さを出すことが難しいようです。


■両者の違い■
カルジェル
カルブロック社というところが作った素材を作っていて、販売元のカルジェル社の公認講習を修了した人しか扱うことができないようです。
なので、講習を受けていないサロンでは扱えないということ。
また、当然市販品もありません。
アートや埋め込みホログラムも勿論可能。
素材は柔らかくエクステンションには不向き
また、一週間に1回専用のトップコートを塗ることを推奨されます。
もちは3週間くらいでしょうか。浮きはほとんどありません。

バイオスカルプ。
バイオスカルプチュアジェル社という会社が製造。
日本ではタカラベルモント株式会社が販売。
カルジェルのように仕様に際しての特別な制限はないようです。
アートや埋め込みホログラムも勿論可能。
柔軟性と強度がそこそこ両立されており、ある程度長さのあるエクステンション(自爪の長さの1/3程度のエクステ)も可能。(でも、店によるみたいです)
そして、カルジェルとのもっとも大きな違いは、トップコートが不要なこと!
輝きがずっとつづきます。

ということで、ズボラな私にはバイオスカルプがピッタリ。
先日いってきました。付け心地は上々。
ただし、やはり強度面での不安があるため、専用チップを載せて補強してからバイオジェルを重ねてもらいました。

どんなものも常によりよいものが、どんどんと世に発信されていくけど、
ネイル技術もその一つなんですね。
ネイル大好き人間としてはさらによい技術が出てくることを楽しみにしているのです。
2007.02.12 Monday | - | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2007.04.30 Monday | - | - | -
<< 黒糖梅酒・オンザロック | main | mixiスピリチュアル鑑定 >>
コメント
>★PON★
そうは思うんだけどねー。
やめられないんよ。なれると楽で。
まあ、負担はなるべく最小限にとどめられるように努力するわ(笑)

>HOSO
この前のさりげないカルジェルよかったよー。
ちゃ〜んとチェック済みだっぺ♪
自爪の長さのバイオスカルプもかなり人気らしいよ。是非ためしてみてね。東京の方が競争激しくて安そうだね、いいなー。

>ちゃきたろう
スカルプとかする人は、結局のところズボラな人が多いらしい。私もその一人。自分では何もしなくてよいからね。
ちゃきたろうは自分で爪つるつるに塗ってるから、いつも感心してます。しかも、カックイイ色ばっかりだぁ!
| のり | 2007/02/13 5:35 PM |
へえ〜。へえ〜。
うちは昔はピアノやってたから爪のばせなくて
今は今でバスケやってるから付け爪をはじめ
スカルプもすべてできないの・・・。そして未経験。
だから地道に二枚爪や割れるのを
チャカし程度に直してのばし続けるしかなくて
ホントにやってみたい〜(。&#65515;∀&#65513;。) って
常日頃思い続けるだけ・・・( ノω-、)

いいなー。
| ちゃきたろう | 2007/02/13 11:12 AM |
おぉ!勉強になったわ。
私はカルジェル歴約8ヶ月。
スカルプは一度試したけど、やっぱ違和感が
あったのと、長すぎて生活が非常に不便だったので
止めました。
カルジェルはお気に入りで止められません(^0^)v

けど、トップコートが不要なバイオスカルプも
かなり魅力的。
今度、試してみるね♪
| HOSO | 2007/02/12 10:09 PM |
オレは昔から“付け爪”は恐いと思ってたぞ。
ボンドで常に自前の爪の上に何かを貼り付けてる。
どう考えても不健康そう。爪が呼吸でけんし…(-_-;)
女性としてお洒落は大切だし楽しいとは思うけど、
何事も程々がグッドだぜ。つくづくそう思う今日この頃…。
| ★PON★ | 2007/02/12 1:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://norinorihappy.jugem.jp/trackback/121
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--